97064 Hiroshima Jidaiko I Hiroshima Taiko Preservation Society International

HITORHSIMA

HEARTBEATS

廣島が世界を繋ぐ

Saturday, July 20th  at 2 p.m.

広島で地太鼓を継承する太鼓奏者と、地太鼓を学び海外で稽古を重ね演奏している奏者が広島に結集し、共に音を合わせ太鼓を響かせる事により、平和を願う心や広島の地太鼓の魅力を発信します。

海外に住む演奏者たちから「広島地太鼓の魅力と存在価値」を語ってもらう事により、広島の方達にも あらためて広島の地太鼓に目を向けて頂けたらと思います。
広島太鼓保存会が長きに渡り受け継いできた広島の地太鼓を、あらためて皆さんに紹介し、見て頂き、世界に発信していきます。

また希望者には地太鼓を体験して頂くコーナーも設け、地太鼓の素晴らしさを少しでも、次世代に繋げてければと思います。

入場無料です。

広島地太鼓とは]
神様に捧げる太鼓として、広島に何百年も受け継がれてきた古い打法、元来地面すれすれに腰で叩く。
九打法 宮笛も九流れ、九つの演目があり、笛・太鼓・チャギリ・法螺貝で演奏される。
ぜひ当日御覧下さい。

 

Hiroshima Jidaiko has existed for over a thousand years and is played for spiritual dedication.

Songs are performed using nine drumming techniques with only nine songs in existence.

Songs use traditional instruments including; Fue (bamboo flute), Taiko drums, Chagiri (hand cymbal), and Horagai (conch shell). Jidaiko demands great effort of strength and agility with the body positioned close to the ground.

Supported by​
(後援)​
  • The City of Hiroshima,

  • Hiroshima City-Board of Education 

  • Hiroshima Culture Foundation, 

  • Chugoku Shinbun 

  • RCC Broadcasting Co. Ltd

© 2017 Ken Koshio and K2 Enterprise. All rights reserved.

google-site-verification=LLv9IWop9reojauKDgQ1eiB0VXj8VGM-NihT_YT6jK0